株式会社大幸組

ブログ

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2016年4月15日 | Category:現場のブログ/社長のブログ |

今回ご紹介するのは、「重機と作業員の接触災害防止対策」

 

この作業場では、日ごろは中々お目にかかれないような、大型重機が何台も同時に稼働している現場です。

 

ダンプトラックも40t級。

 

もし、作業員と重機の接触が発生した場合、それはすぐに「死亡災害」につながる恐れのある、大変危険な作業です。

 

接触災害防止対策として有効なのは、

 

「重機の走行ルートと、作業員の走行ルートの明確化」

このような大型造成工事では、重機の走行が優先、作業員は絶対にそのルートに侵入してはいけない、というルールがあります。

 

よって、当作業場では、このように、作業員と重機の走行ルートを明確に区別し、接触する現象が生じないように配慮しています。

IMG_0567

しかし、現場の状況は、日々、刻々と変化していきます。

 

それに伴い、走行ルートも変化していく。

 

また、このようにとてつもなく広い作業ヤードでは、そのルートや状況を、全体的に把握することが難しく、

安全教育を行う上でも、危険ポイント等の情報の共有が難しいという特徴がありました。

 

また、今後、工事が進捗していくにつれ、新しく現場に入場してくる作業員の方々も増えてきます。

 

そして、その分だけ同時施工の箇所が増加してくるため、現場内の現在の状況把握が今よりももっと難しくなる事がわかっている・・・

 

よって、今回登場したのが、

 

「航空写真を利用した、リアルタイムでの工事用マップの作成」

 

今までは、航空写真といえば、専門業者に発注して、高いお金を払い、撮影する必要がありました。

 

しかし、お金がかかるだけでなく、マップを作成するのにも時間がかかり、

 

日々刻々と変わっていく現場状況を、リアルタイムに反映させる事ができませんでした。

 

しかし、今回は、「ドローン」を導入。

 

撮影からマップの作成まで、自社で行う事ができるため、

 

リアルタイムの現場状況を反映させることができ、また経費も削減できます。

 

そして出来上がったマップは、広い施工ヤードでも、全体を通して把握できるため、

 

新しく現場に入場してきた人に対する安全教育も、非常に効率的に情報を伝えることができます。

IMG_0581

これで、今までわかりにくかった走行ルートも、作業員全員で正確に情報を共有でき、

 

より安全な作業を行う事ができます。

 

下の動画は、ドローンの試運転状況。

 

やはりこういう「あたらしい技術の導入」は、

 

何かと、若い作業員に押し付けられます(笑)

 

実際、会社に送られてきたドローン、

 

箱も開けずに、「あとよろしく~」と、

一番若い、主任技術者の祝部君の机に置いてきた私でした(笑)

 

でもしっかりと、僕の要求に応えてくれました。感心感心。

ただ、この試運転の際、

 

「うお~!!20万円が飛んだ~!」

「うわあ~!!20万円が落ちる~!!」

 

と、なぜかみんな、ドローンの事を、

 

「20万円」

 

と呼んでいました(笑)

 

お問い合わせはお気軽に 093-451-0025