株式会社大幸組

ブログ

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2015年5月1日 | Category:社長のブログ |

ある現場を視察してきました。

「ブランチブロック工法」

これは、河川護岸などの擁壁を、昔ながらの石積みを基本とした工法で、

コンクリートを一切使用しない、自然にやさしい工法です。

IMG_0389[1]

テレビの「夢の扉」でも紹介されたもので、山口県の造園会社の社長が開発した工法です。

中に使う石は、がれき等も利用できるため、東北の被災地における復旧工事にも使用されている工法です。

また、コンクリート製品の護岸に比べ、石積みの隙間に魚が生息できる事や、河川の流れによる浸食に強い、また、コンクリートを用いないため、施工スピードが早いなど、色々と注目するべきところが多い工法で、以前から気になっていました。

IMG_0394[1] IMG_0391[1]

当社には、昔ながらの石積み技術を持った職人も在籍しているので、

是非検討していきたいと思っています。

|Date:2015年4月30日 | Category:社長のブログ |

知ってるつもりで、知らない事ってよくあります。

当社では、17:30から30分間、勉強会を行っていますが、
その場でよく、そのような事に気付かされます。

今回、低圧電気取り扱いについての講習を、八幡西区のマイテクセンターで受講しました。

これも、会社の勉強会の中で、思ったより社員の電気に対する知識がない、という事が判明した事がきっかけです。

当社の方針は、とにかく「行動」

という事で、講習を受講してきました。

電気

人が死亡するほどの感電は、本当に些細な知識不足で起こる事、

安全な保護具の着用、点検の方法と要点など、とても丁寧に教えていただきました。

当社は今まで、電気に関する事は、他業種専門分野という先入観から、

電気屋さんに任せっきりという考え方がありました。

でもよく考えてみると、分電盤から水中ポンプや小型電気器具の電気を取ったり、

頻繁に電気を取り扱う事が多いんですね。

今まで意識することなく日常的に行ってきた作業が、どれほど危険であったかを痛感する一日となりました。

IMG_0419 IMG_0424

 

|Date:2015年4月29日 | Category:社長のブログ |

いや~、大変うれしいですね。

当社では、お客様(発注者)から評価をいただいた工事に携わった社員を表彰する制度がありますが、

今月はなんと、総勢4名もの表彰がありました。

それと、会社として取得を推奨している資格に合格した場合も、金一封を渡す制度もありますが、

今回晴れて、1名の社員が取得し、

総勢5名の表彰を行いました。これは過去最多の表彰数です。

当然、会社の出費も大きくなりますが、このようなお金は、どんどん払いたい、

これが当社の方針です。

当社は、経営計画に、教育・表彰という費目で、まとまった予算を計上しています。

私は常日頃、社員に対して、

「とにかく、この予算を使い切ってください、このようなお金は、余ったとしても、私は全然嬉しくない。

この予算をつかえば使うほど、会社のレベルが上がっていく、一番わかりやすい指標です」

と言っています。

会社は社員。

今後もどんどん、教育・表彰を取っていって、

私を困らせてください(笑)

DSC_0110 DSC_0108

|Date:2015年4月25日 | Category:社長のブログ |

先日の日曜日は、

めずらしく僕と子供たちの三人でのお出かけ。

そこで計画したのは「海釣り」

子供が大きくなったら、一緒に海に釣りに出かけるのが夢でした。

今日がその第一歩、僕は自然と鼻息が荒くなります(笑)

長男は特に生き物が好きなので、前の晩から興奮しています。

下の娘も、よくわからないけどお兄ちゃんが興奮しているので、

「よくわからんけど、楽しそう」という事で上機嫌。

朝起きてみると、晴天。

三人でスキップしながら釣り場に向かいました。

風もないし、海はベタ凪。

僕が仕掛けの準備をしている間も、

「まだー?ねえ、まだー?」

と待ちきれない様子。

その時、娘が言いました。

娘:「お父さん、サバ釣れる?」

僕:「ん?そうやね、釣れるかもしれんね」

娘:「カツオは?」

僕:「カツオはちょっと無理かもね」

娘:「じゃあサーモンは?」

僕:「うーん、サーモンは外国にしかいないんじゃないか?」

娘:「マグロは釣れるでしょ?」

僕:「えっとね、マグロはね、えっとね、」

娘:「イクラは釣れるよね?」

僕:「・・・・・」

やっと仕掛けができて、釣り開始!!

今日の釣りは、アジゴ狙いのサビキ釣り。数も釣れるし、子供の入門用には最適と思っていたが、

1時間、2時間たっても、ウキがピクリともしない・・・

周りの釣り人を見ても、イカ狙いの人ばかりで、アジゴを狙っている人は全くいない。

やはり時期が早かったか。。

このままではヤバイ、子供たちの釣りに対するイメージがショッパナから悪くなったら、

もう釣りについてこなくなるかもしれない。

何とか一匹でも釣らなければと、ムキになったとき、子供をほったらかしたんですね。

ふと我に返って、娘を見ると、

IMG_0397[1]

「もう帰りたい、ご飯も食べずにいますぐ帰る」

と、完全に怒ってしまい、何度名前を呼んでも振り返りません。

IMG_0398[1]

「わかったわかった、もうすぐ帰るから、機嫌直して・・・」

「よし、お昼ご飯、好きなところにつれてってやるから・・・」

 

必死に娘の機嫌をとって、やっと何とか30分だけ釣りを続けられるとなり、

振り返ってみると、、、

 

息子:「もう釣りは嫌だ・・・」

IMG_0410[1]

ほげむたなびょ~ん。。

 

|Date:2015年4月24日 | Category:社長のブログ |

第39期の経営計画書が出来上がりました。

 

今期より経営方針のフレームの見直しを行い、方針展開を強化していきます。

 

この中には、中期経営目標、具体的な数値目標から、お客様・クレーム・教育・人事評価等、 あらゆる当社の目標や決まり事が記載された、いわば会社のバイブルです。

 

この経営計画書に、私が一つ一つに捺印をし、 社員全員に手渡しています。

 

そして、会社の方向性を一つにするため、 毎日、社員と読み合わせを行っていきます。

 

経営スタイルは「実践」。

 

正しい戦略は、どこの会社でも作れますが、どこで差がつくか、

 

それは「行動」 。

 

大幸組は、全員が一丸となって、とにかく実践する経営スタイルでいきます。 IMG_0274

|Date:2015年4月22日 | Category:社長のブログ |

今回ご依頼いただいたのは、お墓の土砂崩壊の復旧工事。

大雨により、土砂があらわれて、崩壊しているという事。 次に雨が降ると、お客様のお墓だけでなく、周りのお墓にもご迷惑をお掛けするため、 早急に対応してほしいというご依頼でした。

行ってみると、確かに石積みが崩壊し、土砂崩れが起こっていました。

ただ、どう見ても、雨による影響には見えないんです。 というのも、土砂が崩壊している法肩部に、ボッコリと、大きな穴が開いているんです。

まるで、人が意識的にほったような穴なんですね。 その穴が、石積みの裏の土を掘り返す形に存在しているため、石積みの上部から崩壊が進み、 それが全体の崩壊につながった模様。

はてさて、いったい誰がこんな事を・・・ いろいろ話した結果、みんなで出した結論は、

「イノシシ」

この辺は、イノシシの目撃情報も多く、実際、僕も見たことがあります。 そのイノシシが、タケノコを掘り返すのに夢中になり、このような穴ができ、 それが石積みの崩壊につながったのだろうと話していました。

もうすぐ、まとまった雨が降る予報も出ていたため、早急に対応する必要がありました。

よって、崩れてしまった石積みの石をそのまま再利用し、より堅固な野面積みを施工することにしました。

石積みの上には、イノシシが地盤を掘り起こせないように、コンクリートで固めました。

このように、自然災害にも、いろいろな形がありますね。

IMG_0110

|Date:2015年4月18日 | Category:社長のブログ |

今回ご依頼いただいたのは、ミツバチの蜂の巣駆除です。

とある建設会社の倉庫に、巣を作っているとのこと。行ってみると、 貨車を倉庫代わりに使用しているところに、ハチがブンブン飛び回っています。 こちらで作業されている社員さんが、3名も刺されてしまったということで、大変ミツバチが興奮していることがうかがえます。駆除の日を事前に打ち合わせ、本日うかがいました。

IMG_0322

IMG_0327

倉庫の外壁と内壁の間に巣を作っています。   出入口部の小さな隙間から殺虫剤を噴射したとしても、女王蜂を駆除できなければ、また活動を再開してしまいます。   よって、内壁の板を取り外さないと完全に駆除することはできません。

それともう一つ、殺虫剤を使って駆除したくない大きな理由・・・

そう、ズバリ「はちみつ」   今回の蜂は、「ニホンミツバチ」 今では大変貴重な蜂であり、その蜜は「百科蜜」と呼ばれ、大変貴重なものなのです。   ミツバチ達には大変申し訳ないのですが、やはりご依頼を受けた会社様の日々の業務に差支えがあるため、駆除の運びとなりますが、せっかくの自然の恵みを無駄にしたくないですもんね。

ということで、駆除、というか捕獲開始。。   今回は、今年になって初めての蜂対策のため、要領を得ず、中々テンパってしまったため、途中の写真を撮影できませんでした。   なので、いろいろ省いていきなり、はちみつ採取状況です。

夏場に採取することが多い蜂蜜ですが、それは、温度が高いため、蜂蜜自体の粘度が低いため、収穫する蜂蜜を効率よく採取できるからなんです。ただし、湿度が高く、水っぽい蜂蜜になる傾向にあります。

この時期の蜂蜜は、粘度が高く、蜂蜜採取の効率や量は落ちますが、取れる蜂蜜の品質は非常に純度の高いものです。
映像をみてわかるように、非常に「ドロッ」としていて、味が濃厚でとてもおいしいのです。

採取した蜂蜜は、もちろん依頼主の方と分け合いました。

大変よろこんでいただきました。

|Date:2015年4月5日 | Category:社長のブログ |

当社、互助会による花見の告知。

 

IMG_0222

よく見ると、

IMG_0223

このイベントにかける、

部長の熱意を感じます(^―^) ニコリ

|Date:2015年3月16日 | Category:社長のブログ |

本日も頑張って絶賛開催中!!

夕方勉強会です。

会社の方向性をそろえるため、会社全体のレベルアップのため、

今日も頑張っていますよ。

キャプチャ

今日の議題は、クレーンの安全な使用について。

このように、毎日いろいろな議題について意見交換をしていくと、驚くほど知らない、または知っているつもりで日々施工していることが多い事を感じます。

 

|Date:2015年3月7日 | Category:現場のブログ/社長のブログ |

w02_05

 

どデカイトラック!!

最近、というか、通常の公共工事でもめったにお目にかかれない建設機械。40t級重ダンプ。

 

現在、北九州市の学術研究都市プロジェクトの現場では、上記のようなモンスターダンプが何台も走りまくっています。

 

通常走っている、大型ダンプトラックでも、10t級。。

 

ですから、この重ダンプは、その4倍ものスケール感です。圧倒的な迫力があります。

 

当社でも、学研において仕事をさせていただいていますが、

施工機械の大型化は、そのまま発生する労働災害の危険性も大きくなる。

 

信頼のおける協力業者さんのご協力の元、安全かつ円滑な施工に努めています。d

お問い合わせはお気軽に 093-451-0025