株式会社大幸組

コミュニケーションへの取り組み

コミュニケーションへの取り組み

社員それぞれが別々の方向を向いていては、その力が分散し、パフォーマンスを発揮できないばかりではなく、足を引っ張り合う状態に陥り兼ねません。わが社では、会社全体の目的・方向性を明確にし、皆が同じ方向を向いて生産活動を行う事により、そのパワーを相乗効果的に増大させる取り組みを行っています。
  • 社員が別々の方向を向いていては、その力が分散してしまうばかりでなく、打ち消しあってしまいます。
  • 社員がそれぞれの個性を生かしつつ同じ方向へ向かえば、お互いの力が相乗効果をもたらし、会社全体の大きなレベルアップとなります。

社内グループウェア活用による
コミュニケーション

グループウェア「サイボウズ」を取り入れ、社員全体のスケジュールの統一、社内書類決済ワークフローの効率可、または情報の正確かつリアルタイムな共有をはかり、全社一丸となって目的に進める環境を構築しています。

ITツールによるコミュニケーション

社員全員にアイパッドを支給。作業環境に左右される事なく、会社全体がリアルタイムに情報を共有できる環境を整備する事で、お客様の要望に、全社的にすばやく対応できる体制を整えています。

飲みゅにケーションによる
コミュニケーション

わが社では、年間15回以上もの飲み会、いわゆる「飲みゅにケーション」を開催しています。美味しいお酒と料理をつまみながら、社員同士の理解を深めたり、ふだん話せない本音を話し合い、より繋がりの深い、家族的な組織を構築しています。

お問い合わせはお気軽に 093-451-0025