株式会社大幸組

レベルアップへの取り組み

「経営のみえる化」への取り組み

会社がどこへ向かっているのか。その方向性が明確でなければ、部門別の目標、個人の目標が定まらず、会社の成長は望めません。
わが社では、会社の方向性、目標を明確に社内に示し、社員個人の成長を達成しながらも、チームとしての一体感をもち、会社が成長できる体制を構築しています。

経営目標の「見える化」

わが社では毎年、決算時に、「経営計画発表会」を開催し、会社の年度目標をより具体的に数値化し、社内に公表しています。損益計算書を公表し、目標と実績の対比を社員全体で共有する事で、風通しの良い経営体制を構築しています。

技量の「見える化」

社員それぞれの技量を、様々な項目別に評価・数値化し、社内に掲示しています。それぞれの力量を明確にする事で、各個人のやる気を起こし、仲間とともに切磋琢磨していく仕組みづくりを行っています。

人事評価の「見える化」

お客様が求める満足度を、どのように達成していくか。求められる技能を分析し、明確にします。会社は、その求められる技能を社員に明確に示し、評価に反映しています。
社員は、何をすれば評価されるのか、何をしてはいけないのかがハッキリする事で、自分の生活・家族を守るためになすべき事が明確になり、そのモチベーションのアップが顧客満足度の向上に繋がっています。

お問い合わせはお気軽に 093-451-0025